介護職の社会的評価をあげるために

介護職の離職理由の一つに社会的評価の低さが挙げられることが少なくありません。同じく離職理由とされる賃金の低さとは何かしら密接な関係があるのではないでしょうか。しかしながら、社会貢献度でいうと他の業種と比較してもずっとと高く、これからの日本社会では欠かせない職業の一つです。さらに、マスコミでしばしば報道される介護職員による虐待事件などの悲しいニュースが社会的な評価が下げてしまっている事も原因の一つとも言えるでしょう。これは、社会的に介護職がいまだに、専門性の高い仕事としての認識が甘いからかもしれません。残念ながら重労働である仕事としての認識が根強く、誰もが出来る仕事として考えている人が少なくありません。逆に専門的な知識がとても大切で、知識と体力の両方が必要となる素晴らしい業種であることが、クローズアップされることがあまりありません。結果的に一方的なマイナスイメージばかりが報道されてしまうのです。

介護職の社会的評価を上げるためには、現在の介護職のイメージを変えていく必要があるでしょう。医療現場と同様に、24時間体制で利用者のケアが必要な施設も少なくありません。そのような環境に見合った賃金が支払われる環境を作っていくことが、必然的に必要となってくるでしょう。まずは、現場の介護士たちがもっと声をあげる事が重要となります。決して誰もが出来る仕事ではなく、専門性の高い仕事である事を訴え続けていく必要があるのではないでしょうか。介護職の社会的評価を上げることについて書かれた詳細サイトもあるので読んでおくと役に立つでしょう。